思い起こせば私の中で”髪の毛との闘い”は、この

思い起こせば私の中で”髪の毛との闘い”は、この世にライフを受けた時に始まったのだ。40以前、当時は赤ちゃんの時の産毛を先ず剃る結果しっかりとしたヘアがはえて現れるのだと、今からはほんとに考えられない(何の根拠があったのかも思い付かが)神話があったらしく、何の反撃も出来ない俺は、軽々と丸刈りにされ、次に生えてきたヘアと言えば、敢然としすぎの生得パーマを置きたような超絶くせ毛だったのだ。物心付く幼稚園児の頃には、伸びてくるって鳥の巣のようになるとについてずっとベリーショートと呼び込めるほどの短さで、パーティー画像の時に男児と間違えられるほど…、幼心に傷ついたものだ。小学校になり、少しは髪の毛を引き伸ばすことにも命中、梅雨の時期には常に決定づけるという手間を怠らなければ、くせ毛の保守が割に簡単な一時をおくることが出来た。だが、中学校、高校辺りになって来ると、サラサラストレートヘアへの憧れが…髪をかき決める仕草の美しさに憧れ、いろんな方法を試す一時が来たのだ。今では矯正工学も進化して時間も手間も少なくなってはいるが、当時は、綿密パーマと言えば髪の毛にプラスティックの板という物を何枚も何枚もぶら下げる仕様で、薬剤で髪の毛を引き伸ばすので、重くて肩は凝るし、パーマが取れて現れるあたりには髪の毛が痛んでバサバサするしで、加えて費用も高かったので、くせ毛はに悩まされた青春時期となった。人前人間、矯正綿密パーマの工学も進化し、まだ代価は高かったが、この頃にはくせ毛を活かして、ソバージュヘアと呼ばれるパーマをあてることによって、保守の簡略化、加えてパーマもちの良さは半端なく長かったりという、くせ毛ならではの厚意を活かしたあたかも無事期となった。後々、結婚し、子供も出来上がり、子供にはおんなじ考え違いは犯さず(おかげで少しのくせ毛で収まっていらっしゃる)、進化した綿密パーマにも何度となく試し続けたが、今はほどほどで良いのではないかと願い取り掛かり、普通のショートカットで、時に綿密アイロンで引き伸ばすというテクを活かし、たまたまくせ毛気分を楽しんでいる。
そういう今でも、サラサラストレートヘアには憧れを抱いてはいるのだが…w。アンチエイジングに効果のある水